スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百のお節介より小さな命

 今年2月9日を最初に出産ラッシュが続きました。 
最初の1ヶ月程は母犬に任せておけば良いのですが
離乳が始まる頃よりとても忙しくなります。
そんな最中に私の姉のつれ合いがアルコール性肝硬変で入院騒ぎとなったのです。
私にとって十歳以上も離れた姉のつれ合いなのでまるで父親のような存在です。
昨年よりむくみが出たり体力が落ちたりなどの症状が出ていたので
とても心配しておりました。
そしてその都度、あれやこれやと沢山のお節介を焼いてきましたが
今回の騒ぎとなってしまいました。
 振り返りますと子供だった私や弟が不憫で随分と義兄は心を痛めていてくれたことを
記憶しています。
いま、私や弟が人並みの生活が出来るのもそんな義兄の愛情をもらったからだと
感謝しています。
その義兄がピンチになったのです。
なんとかせねばと焦る気持ちを他所に今回の騒ぎとなりました。
結局入院拒否を貫いた義兄は病院の先生もびっくりするほど肝臓の機能が回復し
自宅療養をしております。
病院の他に民間療法も並行して行ったことが幸いしたのかもしれなせん。
また以前より少しでも気持ちを他に向けて欲しいとの思いで我が家のワンちゃんを飼い始めていたのですが、姉曰わく とっとちゃんの事になると何よりも優先して面倒を見ているのよ
とっとちゃんが来て本当に良かった と。
姉夫婦にも孫はいますが、孫のためにも健康にとの訴えより現実に其処にいる小さな命のために体を動かしそしていたわり優しくしている。
当たり前の事をしているだけなのでしょうが、それで義兄が元気になっていくので
そばで見ている姉が感動をして電話をくれました。
 また姉の家には十数年引きこもっている次男坊がいます。
とても優しく思慮深い子なのですが、それが逆に引きこもりをさせている一因なのかもしれません。人と会うことを全く拒んでいた時期もありました。
親の辛さは計り知れないものだったと思います。
でも最近私たちが遊びに行ってもニコニコと挨拶も会話も出来るようになってきていました。
その子がとっとちゃんととても気があって、兎に角面倒を見るのだそうです。
姉が非常にびっくりして、有り難いと言ってくれました。
親子でとっとちゃんに振り回されているのかしらと心配になりましが
小さな命の使命がこんなにも大きいものなのかと
あらためてブリーダーとしての責任を感じる日々でした。
また百のお節介より小さな命がどれほど凄いのかと思い知らされた出来事でもありました。
心配しすぎのストレスと体の疲れからぎっくり腰を患ったのですが
腰の痛みと元気になっていく親子を見てチョッピリ複雑な涙を流した昨今でした。











スポンサーサイト

受験生のお母さん頑張れ

昨年10月頃より三男坊が「大学受ける」と言い出しました。
3年近く碌に勉強をしている姿を見ていなかった私は、今更何を”ほざくか”と内心思っていました。
ところが、本人は至って本気だったのです。私が部屋を掃除すると「うるさい」といい、テレビを見ては「うるさい」と言われ居間を陣取って勉強が始まったのです。
自分の部屋でやればいいものを本人いわく眠くなるからイヤだと言うことでした。
それからです。さて困ったぞとなったのは・・・
今までホームページを管理してくれていたのはこの息子だったのです。
眼が点となって猛勉強をしている息子に、写真を入れてとも頼めなくなってしまいました。
幸い子犬もいなかったので更新せずに済みましたが、お写真を楽しみにしていてくださった方もおりましたので、本当に心苦しく失礼を重ねてしまいました。
しかしお陰様で子供達がそれぞれ奇跡を起こしてくれてこの春4人卒業し3人が新しい学問へのスタートを切ることが出来ました。
末っ子に至っては先生に無理と言われた高校にも合格できました。
何が幸いしたのかは分かりません。ただそれぞれの子供達の笑顔が見えたのはワンちゃん達といるときでした。親もストレス子もストレス。そんな中助けてくれたのはやっぱりわんこ達だったのかもしれません。
感謝しつつまた平凡な日常に戻った今日この頃です。















  

ステキな名前

オーナーの方からワンちゃんのお名前を付けていただきました。
それぞれの愛情あふれる名前にこの子達はなんて幸せ者なのでしょうと感動しております。
慈しみ深い愛情で迎えようとしてくださるオーナーたちに頭が垂れる思いです。




 私共がいつも感じることは、ワンちゃんを通していろいろな方達にご縁させていただき
そのご縁の中から大樹荘を育てていただいているのだと実感させられることです。
人間として、未熟中の未熟で不器用に1つの事しかできない私どもを
いつも暖かく見守り応援して下さる。
細く長くブリーディングを続けて来られたのも
そういう方々がいらして下さったからにほかなりません。
時にはこんな自分に苦笑し落ち込むこともありますが
子犬の天真爛漫さに癒され、励ましのお言葉を頂きながら
これからも地道に頑張ろうと思います。

 アイラちゃん(愛良):とても良い愛情に恵まれますようにとの意


どうぞ末永く愛されるアイラちゃんでありますように
お仲間にも可愛がられる子でいてくださいね。
ご家族ををアイラちゃんの優しさで包んであげてね。


 ライゼちゃん:ドイツ語で旅の意 
人生は「旅」そのものでこれからの犬生を一緒に歩ませてもらうので。


どうぞ寄り添うように凛としてお伴をしてくださいね。
ライゼちゃんがいたからステキな人生と言っていただけるような賢いライゼでいてくださいね。


 あんずちゃん:レッドの子犬だったため


お若いご夫妻のように甘酸っぱくついにっこりしてしまいそうな可愛い名前ですね。

どうぞあんずちゃん若いご夫婦のお幸せを見とどけてください。
お一人でお寂しいときはそっと寄り添ってあげてね。







ナナちゃん

可愛い名前でしょ。
新しいオーナーが決まりナナちゃんと命名されました。
今日から兄弟犬と離れて一人で寝ます。 寂しがってクーンと泣いていますが、今が我慢のしどころ。2~3日すると一人が慣れてお留守番も出来るようになりますよ。

今日も一緒に遊んだね。

IMG_0608.jpg

子犬が生まれました。

今日は台風の影響で横殴りの雨が降ったりしています。でも雨でも晴れでもお天気に関わりなく我が家の成犬達は元気いっぱいです。
 先月まる子、アリス、ココと立て続けに出産しました。
お陰様で安産で何事もなく可愛い子供達を生んでくれました。
何度立ち会っても生命の誕生には感動がつきものです。
生まれ出るまで私にぴったりと寄り添っていた子も、最初の子を出産するとあっという間に母親の使命とばかりに子犬をかかえ、子犬の体中を嘗めるのです。
すると子犬は「キャィンー」と泣いて力強く手足を動かし出します。
暫くするとお乳をしっかり飲めるようになります。
母犬は出産が終わると疲れと安堵感でぐったりと横になり、子犬にお乳を吸われるがまま何ともいえぬ優しい顔になるのです。
生命の誕生と親子の絆、母親の強さと優しさをいつも確認できる私は本当に幸せ者です。
この子供達が元気にスクスクと育ちしあわせな人生を共にしてくださるオーナーに届けるまで、私も気を引き締めて見守っていきたいと思います。

  |  home  |   next page »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。