«  愛しのエンジェル   |  home  |   タイトルなし  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«  愛しのエンジェル   |  home  |   タイトルなし  »

ワイヤーダックス

今日はとても穏やかな日でした。薄曇りではありましたが日差しが丁度良く我が家のワイヤーダックスのイチゴちゃんと散歩をしてきました。私の左側に付き遅れもせず急ぎもしないで私のペースを確認しながら歩く姿はショードックにふさわしい風格を兼ね備えています。

さてワイヤーの歴史は他の二毛種と比べるとその作出の歴史は新しく18世紀後半といわれています。ダックスは狩猟犬として獲物を追いますがその際イバラやトゲで皮膚に傷を負うことが多く生じました。このようなアクシデントを減らす為に被毛の改良を余儀なくされたのです。
こうして剛毛のオーバー・コートと綿毛のアンダー・コートを兼ね備えたワイヤー・ヘヤー・ダックスフンドが作出されました。そして今日までの歴史の中で、狩猟犬としてよりもその優れた資質、頑健な体、優れた頭脳などが愛されて、家族の一員として家庭犬の地位を与えられたのです。
ワイヤーについて少しふれてみましたが確かに飼いやすく、人に忠実で、愛らしく、頭の良さにはいつも感心させられます。ワイヤーの人気を底辺で支えているのはこのような素質からなのでしょうね。
スポンサーサイト

comment

trackback

trackback url :

«  愛しのエンジェル   |  home  |   タイトルなし  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。